犬にハンドメイドブラウスを着せるコツ

ハンドメイドブラウスって、とっても難しい~!っと思われている方も多いようですが、決してそんな事はありません。

市販の綿ブラウスの背中全体に大きなワンちゃんの刺繍をいれただけで、これは私のハンドメイドブラウスよっと言って、大きな顔をして子供に着せている友人もいます。

まあハンドメイドと言うにはどうかという気もしないでもありませんが、オリジナリティーとインパクトが強いのは確かでしょう。

それに、幼稚園に通う娘も、これはママのハンドメイドブラウスだと言って自慢していますから、それが何より。

という事で、このレベルなら、今日からでも挑戦出来ますよ、きっとね。

と、我が子に気に入ってもらうハンドメイドブラウスを作るのはそう難しくはないようですが、愛犬に気に入っ
てもらえるような服となると話は別。

最近はペットに服を着せたいと思われる飼い主さんが多いようですが、残念ながらワンちゃんやネコちゃんの方は、それを余り望んではいないようです。

ですから、せっかく一生懸命可愛いハンドメイドブラウスを作っても、中々着てもらえない事も少なくないよう
ですね。

ハンドメイドブラウスを愛犬に着せるにはどうしたらいいのか、それにはいくつかのコツがあるようです。

で、そのコツの一つが、ハンドメイドブラウスより先にコートやカーディガンなどの防寒着を作って上げる事。

順序からいうと完全に逆なのですが、これは犬を飼う事の根本的な部分にあります。

ハンドメイドブラウスは必要としなくても、ハンドメイドコートは欲しいと思っているワンちゃんが沢山いると
いう事ですね。

犬は元々あれあの通り、天然の毛皮のコートを纏っていますから、もう春先になれば寒いどころか快適で、初夏
になれば暑い位なんですよ。

ですから、ハンドメイドブラウスが最もよく似合う季節には、服を着たがらないのもしかたがないのです。

けれど、冬はやっぱり寒いという事で、外出時の防寒着はとても有り難いようです。

そこで、積極的に服を着る習慣をまずは外出時の防寒着で付け、その後室内でもハンドメイドブラウスを着てく
れるように仕向けて行きます。

そうすると、まあ晩秋から春先に掛けては嫌がらずに着てくれるようですよ。

ただし、さっきも言ったように、初夏から秋口に掛けては犬にとっては暑い時季なので、無理やりハンドメイド
ブラウスを着せるのは控えてあげてほしいですけどね。

ハンドメイドブラウスを着たワンちゃん、それは確かにとっても可愛いです。

また、作る側も自分のハンドメイドブラウスより、小さな子供やワンちゃん用のものを作る方が楽しいかも知れ
ません。

けれど、それはあくまでも人間の自己満足であって、犬の気持ちになって考えてみることも少しは大切なのでは
ないでしょうか。

自分が視点を変えた時、ペットがハンドメイドブラウスを着てくれるようになったとおっしゃる方も大勢いらっ
しゃいます。

という事で、ドッグ服の作り方と同じ位丁寧にそんな犬の気持ちを開設してくれているブログやサイトも沢山あ
ります。

そういう記事の中の情報を参考に、ステキなハンドメイドブラウスとワンちゃんとのコミュニケーションを作り
上げていただければと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする