沖縄の冬を格安で行って「ホエールウオッチング」楽しもう

「沖縄旅行」に行く季節と言うとやっぱり「夏」と考える方が多いのではないでしょうか。

透明度が高い海に、静かな時間、高級ホテルでゆっくりと過ごす時間等、楽しみ方は満載です。

しかし沖縄は夏だけでは有りません。

冬場も旅行としておすすめの土地なのです。

沖縄の1・2月の平均気温は約17℃なので数字だけ見ると暖かい印象を受けますね。

でも実際に晴れの日は初夏のような日差しが照りつけることも珍しくはないです。

ただ、沖縄の冬は比較的曇りや雨の日が多いそうです。

さらに北東の風が海から吹き付けるので体感温度を下げるので、実際の温度よりも寒く感じるようですね。

沖縄の冬旅行で一番のおすすめは冬場で有れば、旅行代金が格安となっていると言う事です。

夏場に行こうと思うと1人あたり10万円前後かかる事が多いです。

しかし冬場に行くとなると大体4万円位からのツアーがたくさん出ている事が分かると思います。

お目当ての高級リゾートホテルもこの時期で有れば、夏場と比較して安く泊まる事が出来ます。

前記したように冬場でも沖縄の気温は比較的高いです。

もちろん夜は肌寒いなと思う事が有りますが、昼間は日によっては20℃近くまで上がる事も有りますので、充分にマリンスポーツを楽しむ事が出来ます。

ウェットスーツを着るとマリンスポーツも楽しむ事が出来ますし、海に入らなくてもシーカヤック等、船の上からでも楽しむマリンスポーツも有ります。

そして冬場の海の最大の魅力は「ホエールウオッチング」が出来ると言う事です。

これは夏場にはなかなかできない事なので、これだけでも十分に冬に沖縄にく価値が有りますよね。

あと「桜まつり」がありますね。

沖縄は日本国内でどこよりも早くカンヒザクラ(寒緋桜)が咲きます。

冬真っ只中の1月、2月に桜のシーズンを迎えるのです。

ご存じのとおり寒緋桜は濃いピンク色が特徴で、本州で咲く桜とは違った趣がありますね。

大体次のような感じで1月末頃から2月末頃にかけて桜まつりが開催され、どの会場も見物客でにぎわいます。

【今帰仁村】今帰仁城跡の桜花見、【本部町】本部八重岳桜まつり、【名護市】名護さくら祭り、【八重瀬町】やえせさくら祭り、【那覇市】那覇美らさくらまつり、、

更に冬場は空気も澄んでいますので綺麗な星空も堪能する事が出来ます。

こうした事を考えてみると、沖縄は年間を通して楽しむ事が出来る地域と言う事になります。

安く、そして楽しく行けるのであれば、是非行ってみたいですよね。

今帰仁村や本部町に近いホテルでは、
沖縄美ら海水族館近く!自然あふれる環境でリフレッシュな「美ら丘テラス」、

全室オーシャンビュー、空と海が太陽の光の中で溶けあい、伊江島、古宇利島、瀬底島が浮かぶ景色は思わず息を呑む美しさが評判の
「ウィステリア・コンドミニアム・リゾート」が楽しいですね。