飛騨美濃せせらぎ街道の紅葉と宿泊なら郡上八幡が良いですよ。

飛騨美濃せせらぎ街道は、水と踊りの町「郡上八幡」と飛騨の小京都「飛騨高山」とを結ぶ全長約70kmの自然豊かで美しい景観が広がる街道です。

紅葉ドライブの名所として知られるせせらぎ街道は、広葉樹が多く、標高差があるので、一番標高の高い高山市清見町の西ウレ峠(標高1,113m)から順番に紅葉し、長い期間にわたって紅葉が楽しめます。

街道に広がる木々は、コナラ、クヌギ、ナナカマドなどで、秋の深まりとともに黄金色の姿に変わってゆきます。

中でも森林公園おおくら滝付近や西ウレ峠付近の紅葉が美しく、それぞれ遊歩道を散策しながら楽しむことができます。

せせらぎ街道は、飛騨・美濃紅葉33選に選ばれており、その美しさは思わずため息が出るほどの絶景です。

見頃は例年10月中旬から始まり、11月上旬まで楽しむことができます。

この期間中は、 毎年大勢の紅葉狩りの旅行者でにぎわいます。

また、せせらぎ街道へお越しの方は、めいほう高原秋まつり(10月下旬)や、ひだ清見紅葉まつり(10月下旬)もありますので、そちらの方もあわせてお楽しみ下さい。

せせらぎ街道のほぼ中央には道の駅「パスカル清美」があり、春の芽吹きから新緑へ。

そして盛夏を越えてため息が出るほどの紅葉。

また冬には、音の無い白銀の世界に包まれます。

ここでは一年を通じて飛騨の自然を満喫することができます。

パスカル清見では、地元特産品をはじめ、オリジナル商品も多数取り揃えています。

すっかり楽しい飛騨美濃せせらぎ街道の紅葉のあとは宿泊先を探しましょう。

【ホテル郡上八幡】は今月も来月もポイント10倍、城下町までクルマで5分の良い位置にあります。

ゆったりと長良川に面した露天風呂や多彩な天然温泉が楽しめる宿です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする