小坂”巌立峡”(がんだてきょう) パワースポットとひめしゃがの湯

岐阜県にある紅葉の名所として、小坂”巌立峡”(がんだてきょう)が隠れた名所と言われています。

巌立とは、御嶽山の大噴火によってできた高さ約72m、幅約120mの柱状節理の大岩壁で、岐阜県指定の天然記念物です。

巌立は、今から4000年前に、御岳火山から流出した溶岩で、頂上付近から17Kmもくだった位置にあります。

溶岩が冷えて収縮する際にできた、割れ目が垂直方向にはしり、太さ数十センチの、岩柱をならべたようにみえます。

「がんだて公園」は、巌立展望台、売店、駐車場などが整備され大型バスも入ることができます。

公園の中にある三ッ滝までは延長600mの滝見遊歩道が整備され、途中には円空上人ゆかりの不動明王が祀られています。

この滝見遊歩道が整備されてからは、多くの方が三ッ滝を見るため訪れています。

三ッ滝は上段6m、中段11m、下段5mの見事な3段の滝で、岩は石英斑岩で、それぞれに滝壷を持っていて非常に神秘的です。

さらに林道を2kmほど奥に入ると、あかがねとよと唐谷滝、二つの滝を見ることができます。

あかがねとよは落差14mで、いつ見ても水がきれいです。

唐谷滝は落差15mで、音と飛沫と溶岩で男性的な滝ですが、虹がかかると本当に見事な滝です。

滝にはマイナスイオンがたくさん発生しており、人間の持つ自然な治癒力を引き出してくれ、身体を健康に維持してくれる働きがあると言われています。

まさに「 パワースポット」と言われる所以でしょうか。

ここ巌立峡では、春の新緑、秋の紅葉とそれぞれ異なった趣のある散策を楽しむことができます。

巌立峡で大自然を満喫した後は、清流小坂川添いに佇む家庭的な宿【下島温泉 朝六荘】でのご宿泊が良いかも。

飲めるサイダー泉が自慢です、そして車で下呂まで約30分、高山まで約40分と好位置に所在し、また渓流釣りが楽しめるんです。