紅葉ライトアップが素晴らしい岐阜県・【飛騨の里】で秋を満喫。

岐阜県民が誇り高く思う、飛騨民俗村・飛騨の里は岐阜県高山市にあります。

松倉山の麓にあり、合掌造りをはじめとする飛騨地方の特色ある古民家が移築復元され、豊かな自然の中に、昔の農山村の暮らしや季節の伝統行事を再現しています。

ここには移築された民家やさまざまな民具コレクションとともに、飛騨の人々の心に今も残る暮らしの文化が息づいています。

また、わら細工やさし子などの実演・体験も実施しています。

秋になると飛騨の里では、紅に変わりゆく山々と合掌造りの民家と昔の山村風景とのコラボレーションが見事です。

特に古民家を見学しながらの紅葉散策はおすすめです。

紅葉の時期だけでなくそれぞれの季節の中で、観て、触れて、体験できるのが、ここ飛騨の里の特徴だと思います。

飛騨の里では紅葉の時期にあわせて、期間中の金土日祝日に夜間の特別営業が行われています。

紅葉で彩られた山をバックに合掌造りの家々がライトアップされ、非常に幻想的な景色を見ることができます。

秋の夜長を彩る光と紅葉のハーモニーをお楽しみください。

なお、紅葉の見ごろは例年10月中旬から11月中旬ですが、台風や雨などにより毎年紅葉の色づきも違ってきますので、ライトアップの期間につきましては事前にお問い合わせください。

公共交通機関でお越しの方は、JR高山駅駅前の高山濃飛バスセンターから濃飛バス「さるぼぼバス」に乗って10分、飛騨の里で下車後すぐです。

車でお越しの方は、中部縦貫道高山西インターから国道158号線を経由して約15分です。

飛騨の里でご宿泊なら【飛騨高山温泉 飛騨の里 旅館 むら山】はいかがでしょうか。

温泉に来たのにお風呂は別々【そんなのいや】というカップルさんに無料貸切風呂が2か所もありますよ!