岐阜県には「飛騨・美濃紅葉三十三選」と言う決まりごとがあるそうです。

岐阜県は、旧美濃国と旧飛騨国とでほぼ構成されており、中部地方に位置する内陸県の一つです。

気候は、飛騨地方の大部分と美濃地方の一部は日本海側気候、美濃地方の大部分は太平洋側気候、飛騨地方・美濃地方の一部は中央高地式気候となっており、標高差も大きいことから同じ県内でも大きく気候が異なります。

このため、秋の紅葉は10月初旬から11月下旬までと、比較的長い期間にわたって楽しむことができます。

飛騨・美濃紅葉三十三選は、2004年に観光客及び岐阜県民から応募のあった紅葉の名所の中から、選定委員会により選ばれました。

山、渓谷、湖、お寺、峠など、それぞれに見事な紅葉を堪能することができます。

飛騨・美濃紅葉三十三選の中で10月上旬から見ごろとなるのは、夜叉ヶ池周辺、御嶽パノラマライン、野麦峠、奥飛騨温泉郷など比較的標高の高いところで、次に、ひるがの高原、鬼岩公園、恵那峡、曽木公園、天生峠、巌立峡などです。

10月下旬になると、養老公園や多良峡、川浦渓谷、不知峡をはじめ多くの場所で紅葉の見ごろをむかえます。

そして11月に入って、円興寺、揖斐峡、大矢田もみじ谷、下呂温泉合掌村などで見ごろとなり、11月の終わりとともに岐阜県の紅葉もそろそろ見納めとなります。

なお、岐阜県の桜の名所としては、2003年に飛騨・美濃さくら三十三選が同じく公募により選定されており、川沿いや公園、神社、お寺など県内各所でお花見を楽しむことができます。

「飛騨・美濃紅葉三十三選」を楽しむのなら【柿野温泉 八勝園湯元館】から始まるのが良いかもです。

四季折々の旬の味覚が味わえる会席料理が自慢のお宿です。

また美肌効果抜群の八勝園名物“ジャングル風呂”を堪能し、安らぎのひとときをご満喫下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする