スペクトラジャケット 国内最強の切創耐性 23N(ニュートン)です

米国ハニウェル社が開発した、防刃に優れた効果を持つスペクトラ繊維を使用しています。

日本化学繊維検査協会によると、切創力は23.0N、貫通強さ:41.7N (カケン法)、切断強さ:ウェール47.5N コース63.9N(カケン法)だそうです。

1ニュートンは約0.102 キログラム重、「ニュートン」は力の大きさの単位です。

「キログラム」は重さの単位ですが、「キログラム重」は力の大きさの単位です。

ちょっと単位の事はわかりませんが、それなりの力がないと貫通させたり、切りつけるのは大変なようですね。

自慢のスペクトラガードは23Nの切創耐性。

このような事を考えると、まず一つ知らなければならないのは、日本化学繊維検査協会データで得られた23Nの値は刃物に対して絶対の安全が保証される強度ではないという事ですね。

23Nのスペクトラ製品と6.9Nのケブラー製品を新品のカッターで切ってみると分かりますが、23Nのスペクトラ製品に切れ目を入れる事はかなり難しく、数字上の違い以上に製品の強度を実感できます。

原材料自体の違いもありますが生地の厚さや1平米あたりの質量にも大きな違いがあることが分かります。

防刃スペクトラガードジャケット

NIJのテストで防刃レベル2を受かるためには、これらの繊維を、25枚以上使用するわけですから、1枚の生地で造られた防刃製品に、過度の期待はしないようが良いですね。

防刃レベルは商品によって違ってきます。

環境に合わせた商品を選びましょう。

ケブラー繊維やスペクトラ繊維は糸の種類が多く、織り方や編み方の他、糸の太さや重さ、撚糸過程で使用される素材によって、仕上がる製品の強度は大きく違ってきます。

その為、ケブラー製品であっても、スペクトラを使用した製品より強度が高い物もございます。

スペクトラガードを使用しています。

アラミド繊維の3倍の強度を誇るスペクトラを使用した防刃ジャケットです。

ナイフを押し当てて引いても切れにくく、体を保護します。

平織りのスペクトラ23Nを使用した製品は他にもグローブ、トレーナー、手袋、パーカー、ネックガード、ジャケット等、数多く取り揃えているようです。

非常に強いスペクトラ繊維は、アラミド繊維の欠点を克服し、水、汗、紫外線、化学薬品にも強い複数の長所を兼ね備えた新素材です。

アラミド繊維の1.4倍の強度のある、ハネウエル社のスペクトラ繊維に、ファイバーグラスをエンジニアリング加工することにより、従来のスペクトラの3倍の耐切創性を高めた素材です。

特徴
●鉄の8-10倍、アラミド繊維の1.4倍以上の強度
●耐切断に利用可能
●耐化学薬品、紫外線、水に強い。
●比重が0.97と水より軽い。

使用素材はスペクトラ、ファイバーグラス、ポリエステルで、100%日本製なので安心です。

サイズはL、LL、3Lとそろっています。

防刃ベストとの併用使用やDIY作業、アウトドア、金属・ガラス作業等にご使用できますね。

今年の冬場にひとついかがでしょうか。

防刃スペクトラガードジャケット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする