ここ数年間、テレビや雑誌などで取り上げられている人気の『ふるさと納税』。

もうめちゃめちゃ便利代、お得だし、よく耳にするようになりましたよね。

でもいろいろな問題?
もあったりきちんと理解している人はどのくらいいるでしょうか。

税金が控除されたり、納税した地方の特産品がもらえると人気は年々上がっていますが、知らない
と損をしてしまう以外な落とし穴もあります。

実際は地域活性化など、社会への貢献にもつながるふるさと納税なんです。

しっかりと仕組みや注意点を理解して、あなたもふるさと納税名人になりましょう。

●ふるさと納税とは●

ふるさと納税とは簡単に言うと、
自分が応援したい・または気に入っている地方自治体に寄付をすることで、
2000円を超える金額の部分について、一定の限度額まで所得税や住民税の税金
が軽くなる制度=控除される仕組みなんです。

地方自治体と言うかに市町村役場寄付をすると、その市町村役場から大体年末に寄付の受領書が届きます。

その受領書を確定申告の必要欄に添付することで所得税が減額されたり、または還付金としてもら
える事になります。

最近は年末調整でも使えるようなシステムになっていますね。

そして翌年の住民税も減額されるという仕組みです。これって本当にありがたいんですよ。

減額や還付なんて・・・思ってもいなかったお金が入ってくるんだもん、主婦でなくても、ご主人なんて絶対嬉しかると思いますよ。

●特典も貰える●

何よりも今人気なのが、寄付した地方自治体からの豪華なお礼の品。
そうなんです。思って退場に豪華な商品や特産品がいただけるんです。それも【特典】【無料】で。

2000円以上の金額の部分は一定の額までは税金で控除されるので、実質かかっている負担は2000円
のみと言っても間違いありませんよね。

にもかかわらず、地方自治体からはとても豪華なプレゼントがもらえるのだから、人気が急増してきたのも頷けするわけですよね。

特典内容は自治体によってさまざまで、もちろん特典がない地方自治体もありますが、半分ほどの
自治体は何かしらの特典を送っています。

皆さんも頑張って(???じゃなく思いっきり楽しんで)みませんか^^