ラヴディーポのペアブレスレット

恋人が出来ると、ペアで何かを持ちたくなる気持ちになりますよね。

さすがにペアルックのカップルはあまり見かけませんが、持ち物とか、見につけるものとか、彼と同じものを持っていたいという女性は多いはずです。

何かをおそろいで持つことで、お互いの気持ちが通じる気がしますし、特にペアアクセサリーなどは、身に着けていると安心します。

好きな人とペアで、ネックレスやブレスレットを持ちたい、女性の多くはそう願っているのではないでしょうか。

ペアで持つなら、自分が好きなブランドのアクセでもよいでしょうし、彼のお気に入りのブランドでもよいですね。

そして、究極はペアリングでしょうね。

マリッジリングもそうですし、恋人同士でペアリングを着けているカップルは、結びつきが強いから出来ることだと思います。

ペアアクセサリーのなかでも人気のものが、刻印してくれるタイプです。

好きな文字を刻んでくれるサービスがあれば、完全に二人のオリジナルアクセサリーになりますよね。

指輪などでしたら、刻印できる言葉も少なくなってしまいますし、イニシャルだけの場合もありますし、ネックレスもプレートがそれほど大きくないものでしたら、やはり、文字数が限られてしまうでしょう。

その点、長めのプレートがついたブレスレットでしたら、ある程度の文字量が刻み込めますね。

例えば、ハンドメイドブランドで人気の「ラヴディーポ」のブレスレットは、プレートに好きな文字、文章を刻印してくれるサービスがあります。

ラヴディーポブランドのシルバーペアバングルは、スタイリッシュなデザインになっていますので、男性の方にもぴったりです。

ラヴディーポは、ハンドメイドのブランドですので、ひとつずつ、職人さんが時間をかけてじっくり手作業で作り上げます。

特にプレートの部分などは、シルバーの地金から切りとって、叩いて、伸ばして、これを繰り返し、打刻するという行程ですので、細かい部分に微妙な違いが出てきます。

これはハンドメイドならではの味ですから、それもオリジナリティとして喜んでもらえることでしょう。

打刻する文字も、ひとつひとつ手作業で打ち込みをする場合、どうしても微妙に違いが出るものですからね。

そして、ハンドメイドのため、職人さんが、1人で作ることができる量は、1日、10本だけとのことですから、その辺で売られているアクセサリーと違って、とても貴重なブレスレットですよね。

ブレスレットは片手しか使えないため、装着の手間を気にする方も多いですが、留め金は、カチっと簡単に留められるタイプになっていて脱着も面倒に感じません。

もちろん、ご希望であれば、プレートは文字の刻印なしでも制作できます。

刻印したい言葉が見つからない方には既成文字もありますので、その中から二人にぴったりな言葉を選んでもよいでしょうね。

オリジナル文字を入れたい場合は、16文字から24文字まで可能です。

気になるお値段は16200円ですから、ペアでも32000円ちょっとです。

ハンドメイドにしては割とリーズナブルでしょう。

ラヴディーポのブレスレットの素材は真鍮タイプ、銅タイプからチョイスすることが出来ます。