私を見せたい時ってどんな『勝負下着』を選ぶのですか

女にとって本当に好きな人に自分をしってもらいていですよね。

年と共に少女から女の子になってくると、自分を知ってもらいたい気持ちは、だんだん増えてくるかもね。

勝負下着という言葉はいつごろから出てきたのでしょうか。

今では日常的に使われているようですが、かなり前からある言葉ですよね。

勝負下着って、そのネーミングの通り、勝負する日に身に着ける下着のことですね。

さてさて何の「勝負」何でしょうかね。

エッチな意味で使われることが多いですが、ビジネスマンが大事なプレゼンの日に身に着けるのも勝負下着ですし、選挙の候補者が投票日に身に着ける縁起の良い赤い下着なども勝負下着と言えるでしょう。

つまり、大事なとき、ここ一番というときに身に着ける下着のことを、勝負下着と呼びます。

そうは言っても、世間一般で使われることが多い勝負下着の意味とは、女性が彼と初めてのエッチするときに身に着けるブラジャーやパンティのことでしょう。

アンケートによると、女子の70パーセントは勝負下着を持っているんだそうです。

使う、使わないに関わらず、もしもの時のために購入してあるという方も多いでしょうね。

ですが、自分が気に入っている下着だからと言って、相手が気に入るかどうかは微妙です。

とっておきの下着は、あの人の好みかどうか、それも大きな問題となってきます。

いくら自分が気に入っていてセクシーだと思っても、彼からドン引きされてしまっては、せっかくの時間が台無しですからね。

男性のアンケート結果を見ても、好きな下着の色については、やはり白が人気のようです。

白は清楚なイメージがありますし、薄いピンクなども女の子らしくて人気があります。

あと知り合いがこんなこと言ってましたね。

勝負下着… 今は特別に持っていないって方もいるかもです。

じゃぁいつ買うの??って聞かれたら「勝負する時に買いに行く」ですね(笑)

可愛いのが好き?
色っぽいのが好き?
清純そうなの?

そのときの彼の好みで悩んじゃったりしてね。

下着からお洋服、髪型、バッグ、靴、全部悩んじゃいます。

彼が大人のエロスを感じてくれたら、趙嬉しいですよね。

一般的にこんな会話が成り立つかもしれませんね。