新型コロナウイルスの拡大で防疫服・マスクが危ない

中国湖北省武漢市で昨年(令和元年)12月以降、新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生が報告され以来、世界各地から報告が続いています。
国内でも新型コロナウイルス感染症の患者発生が複数確認されています。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」は3日夜から横浜港の大黒ふ頭の沖合に停泊し、船内で乗客と乗員全員の合わせて3700人余りの検疫が行われました。
今日2月5日、クルーズ船運営会社は、新型コロナウイルスに感染した乗客乗員10人の内訳を、オーストラリア2人、日本3人、中国3人、米国1人、フィリピン人1人と発表しました。

そのため船内に残るおよそ3700人の乗客と乗員については原則として引き続き14日間、船内にとどまり、客室などで待機してもらうということです。

新型コロナウイルスに対する日常的な対処法として、インフルエンザ対策と同様の咳エチケットや手洗いなどの感染対策を行いましょう。

今回の聞き慣れない名前ですが、そもそもコロナウイルスとは一体何なのでしょうか。

2002~2003年にかけてニュースになったSARS(重症急性呼吸器症候群)や、2012年に存在が確認されたMERS(中東呼吸器症候群)を引き起こすのもコロナウイルスだそうです。

コロナウイルスには、一般的な風邪を起こすだけのタイプと肺炎などの重い症状を引き起こすタイプが存在しています。
今回発見された新型コロナウイルス(2019-nCoV)は、SARSを起こすタイプに似ていると言われており、つまり症状が重くなるタイプであると考えられます。
※ 引用 防衛医科大学校 防衛医学研究センター 教授 加來 浩器 先生

新型コロナウイルスによる肺炎の広がりのため、今現在中国ではマスクを巡って色々な問題が発生しています。

日本を訪れた中国の観光客もマスクを大量に買って行く姿が、毎日のようにテレビなどで報道されています。

そしてマスク業界団体では「医療活動に支障が出てはいけない。品切れは許されない」と力を込めて生産に励んでいるそうです。
地位編素晴らしいことですね。

また、その他防疫関係用具の製造メーカーによっては、HP等で<防護服、使い捨てマスク、保護めがね、手袋についてまとまった数量については、お届けに要する日数が未定のためご注文を承れません。悪しからずご了承ください。>
と謝罪している状態です。

本当にすごいことになっていますね。